読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

27歳からはじめる、裏側(舌側)歯列矯正の話

出産記録の途中ですが、ふと思い立って歯列矯正の話を書きます。

吉祥寺のとある舌側専門の矯正歯科に2年半ほど通っています。

歯科の人に特定されそうだけどw

まぁいいや、包み隠さず書きますね。

特定したら「見つけちゃいました」って言ってください、某矯正歯科の先生!!

 

■矯正をはじめたきっかけ

 

私が歯列矯正をはじめたのは27歳の時。

結婚式を翌年に控え、ずーっと気になっていた歯並びを直したい!直したくてたまらない!と思ったのでした。

 

f:id:moonychan:20170412004502j:image

これが元の歯並び。2012年当時。

前歯の1本が内向きに傾き、その隣がやや斜めで出っ歯。という具合でした。

そしてニッと笑うと前歯で下の歯が完全に隠れてしまう、過蓋咬合という深過ぎる噛み合わせの状態です。

この写真を見て矯正しよう!と決心した一枚。

 

f:id:moonychan:20170412004616j:image

これも矯正前。

他人に言わせると全然気にならないよー、って程度だったんですけど、自分が気になるから嫌だったんです。

 

f:id:moonychan:20170412011404j:imagef:id:moonychan:20170412011742j:image

 

そしてこれが矯正の装置が入って一年経過した時。まさに結婚式の時の写真です。

まだ噛み合わせは深いものの、写真だと分かり辛いかもしれませんが、見た目はだいぶ整ってきてます。

 

 

■矯正歯科探し

 

矯正の値段や方法は歯科によってバラバラです。なので複数まわって見積もりをもらい、説明を聞くのが不可欠です。

私が回ったのは6軒の歯科で、いずれも吉祥寺周辺です。

表からの普通の矯正をやってるところが3軒、インビザラインというマウスピースのところが1軒、表裏どちらでもが1軒、裏側専門が1軒、だったかな。

 

まず、私の場合マウスピース矯正はあまり適さないということで候補からはずれました。

噛み合わせが深い過蓋咬合というタイプで、前歯だけでなく全体の噛み合わせの調整が必要なため、マウスピースを使う前にブラケットとワイヤーを使ったいわゆる装置の矯正を一定期間行わなくてはいけないそうで、なんか二度手間になるし医師側も正直オススメしませんと言ってくれたのでスパッと除外しました。

価格も忘れてしまったけど、安くなかったと思う。

 

前側からの矯正は、値段が魅力。吉祥寺セントラルはたしか50万いかないぐらいでした。

もう一つの歯科もたしか60万ぐらいだったかな。

 

いくつか歯科をまわり、症例写真をみていくうちに、

「やっぱり前から見えない矯正がいいな」

と強く思うようになりました。

自分の症例の場合、どこで聞いても所要期間は2年かそれ以上。20代の最後に、歯にギラギラした装置を丸見えにして暮らしたくない。

なにより結婚式という人生最大の晴れ舞台で、矯正装置をつけて写真に写りたくない!!

 

そんな思いが強くなり、裏側矯正専門の歯科に決めました。

値段は装置代だけで100万ぐらい。まわった中では最高額の見積もりだったと思います。

でも前からは一切見えないこと、説明が丁寧で納得のいくものだったこと、裏側専門で過去の症例も多く安心できること、そして極め付けの一言が、

「結婚式のある1年半後までには前から見た時にはほとんど綺麗になりますよ」

この言葉で、ここにしよう。と決めました。

 

つづく!